会員制

3288bbc8787c0e20fb7536078dadeb73_s

富裕層や限られた人間のみが扉をくぐることが出来る世界。
魅力的な会員制の場所をのぞいてみよう。

ゴールデンライオン

1809年創業の会員制のバーで、自民党の麻生氏も通っていう報道で注目を浴びた。
入会金は50万円で年会費は12万円といわれている。
また、ゴールデンライオン内では帝国ホテル全ての料理が注文できるといわれている。

アークルヒルズクラブ

http://www.arkhillsclub.com/
森ビルが運営する赤坂のアークヒルズの最上階に位置するアークヒルズクラブ。
入会金・預託金は約250万円。年会費は約25万円といわれる。
入会には2名以上からの推薦が必要で、大企業の経営者や
有名人、政財界の大物達がなお連ねているといわれる。

六本木ヒルズラウンジ

http://www.roppongihillsclub.com/visitor/dfw/rhc/jp/index.html
森ビルが運営する六本木ヒルズラウンジは入会金・預託金は約170万円。
年会費は約19万円といわれている。
会員になるには推薦は不要であるが審査がある。
アークヒルズクラブに比べてベンチャー企業の経営者が多く、
日本を切り開くエネルギッシュな次世代の経営者が多く名を連ねているといわれる。

霞会館

ホームページは存在せず、爵位を持つ直系子孫のみ入会資格があるといわれている。
詳細を含め、ほとんど情報は明らかになっていません。

クラブ33 東京ディズニーランド

東京ディズニーランドにあるといわれるクラブ33.
噂だけでなくインターネットでは実際に行った人の数々の報告がある。
ミッキーとの特別写真を撮影出来たり、レストランで食事をしながらの
パレードを見ることが出来たりとまさにディズニー好きには嬉しいサービスも。
入会は大株主や各種接待などで利用されるとのことで、かなりの企業の
会社上部の人間や関係者など非常に厳しい条件がある。

空港のクラブラウンジ

世界の空港にあるクラブラウンジはクレジットカードに付帯されていることが多く、ゴールドカードで入れるラウンジからブラックカードに付帯されるハイレベルなクラブラウンジまである。ブラックカードを手に入れる以外にも近年ではプライオリティパスを購入することによって世界各地の900以上の空港VIPラウンジに入ることが出来るようになっている。下記はプライオリティパス ホームページ
https://www.prioritypass.com/ja

コメントは受け付けていません。