食・ワイン

aeed4dba2835f3b8af27c69c80fc6864_s
食の楽しみやワインは人生を豊かにする。
自分好みの産地や銘柄を見つける楽しみもある。

ワインの種類と葡萄 赤ワイン・白ワイン・ロゼワイン

赤ワインは果実を丸ごとアルコール発酵させる。白ワインに比べ、タンビンに多く含み。一般的に肉料理に合うとされる。対して白ワインは果汁のみを発酵させ、一般的に魚料理に合うとされるが、デザートに合う甘さなど甘さに幅がある。ロゼワインは時にピンクワインとも呼ばれ、果皮の薄いブドウを赤ワインのように収蔵したり、醸造途中で果皮を取り除くといった様々な製法が含まれる。ワインに用いられる葡萄酒は日本では巨峰やナイアガラの生食用のブドウを用いているが、一般的にワイン専用品種とよばれるカベルネ・ソーヴニオン、メルロー、リースリングなどがある。また、特殊な製法で作られる貴腐ワインやアイスワインは果汁が濃縮され、非常に甘いワインとなっており、女性を中心に人気がある。

ワインの産地

ワインといえばフランスが有名であり、フランス全土で栽培されておりまさにワインの見本として知られている。また、イタリアも同様に全域でワインが生産されており、フランスとイタリアワインは海外輸出量で競い合っている。スペインワインはフランスやイタリアに次ぐワイン生産国であり、カタリーニャ地方やアンダルシア地方などが有名である。
また、ドイツでは南部でワインが生産されており、ホットワイン(グリューワイン)はシナモンが効いた味で近年注目を浴びている。オーストリアのワインはグリューナー・フェルトリナー種やリースリング種の栽培が多いが、赤ワインも注目を浴びている。
チリは南米を代表するワイン生産国で、非常にコストパフォーマンスのすぐれたワインを生産している。日本とチリはFTA(自由貿易協定)を結んでいるため安価に手に入れることが出来る。

コメントは受け付けていません。