02a6bc2110241046e71e9d7c9f6
富裕層の代名詞となることも多い車。
その魅力的な車を紹介してゆく。

ロールスロイス

https://www.cornesmotor.com/rolls-royce/
ロールスロイスは1906年に設立され、乗用車や航空機用エンジンを制作していたが何度かの経営破綻はあったものの2003年にはBMWがロールスロイスブランドで製造・販売を行っているがロールスロイスの伝統が引き継がれている。
まさに高級車の代名詞である重厚なロールスロイスは名前に恥じない迫力である。

ベントレー

https://www.bentleymotors.jp/Corporate/default.aspx
ロールスロイスに次いで富裕層のイメージとして挙がることが多いのがベントレーである。その迫力ある車体は六本木など夜の街にマッチし、エネルギーを放っている。

メルセデス・ベンツ

http://www.mercedes-benz.co.jp
メルセデスベンツは言うまでもなく日本をはじめ世界各国で人気が高く、近年ではAクラスなど様々なクラスの車を発表している。富富裕層がもっぱら好むのはSクラスやEクラスや、車を複数台所有している場合には近所の買い物で小回りの利くAクラスなども併せて所有していることが多いという。

フェラーリ

http://www.ferrari.com/ja_jp/
フェラーリは言うまでなく富裕層の代名詞であり、フェラーリを運転する姿もまた絵になっている。フェラーリはこれからもますます憧れの的として高い評価を受けてゆくだろう。

BMW

http://www.bmw.co.jp/ja/index.html
BMWもメルセデスベンツ同様に非常に高い人気を誇っている。
特にBMW7シリーズは快適な室内空間とデザインによりラグジュアリーセダン
としてさらなる革新が進められている。

ジャガー

http://www.jaguar.co.jp/
ジャガーは1968年以降はイギリス王室ご用達であり、特にジャガーXJは高い評価を受けている。近年、XJのデザインが大きく変わり、新しい世代の近代化という評価と、伝統ある「ジャガー」のイメージが崩れているという厳しい評価の二極化が進んでいる。

アウディ

http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja.html
富裕層や車に興味がある人々からの評価はアウディというブランドイメージが同価格帯であるメルセデスベンツなどに比べると厳しい評価を受けていた。しかしながら、アウディの「仕事が出来るスマートな男の車」というイメージや車体の改良により近年では好んでアウディを購入する富裕層が増えているという。車体はまさに精悍というイメージだ。

ポルシェ

http://www.porsche.com/japan/jp/
ポルシェは言うまでもなく富裕層から圧倒的な支持を受けている。富裕層はよく車体の迫力を重視するベンツか、高級住宅街で小回りの聞くおしゃれな町に合うポルシェという選択で迷という話なども出るという。ポルシェは遊びのセカンドカーとしても人気があり、富裕層にとってポルシェの所有の履歴はまさに富裕層の証ともいえるのかもしれない。

マセラティ

http://www.maserati.co.jp/maserati/jp/ja/index.html
マセラティは精悍な車体が特徴。シンボルマークは非常に印象深く、町を走れば周りの人々の注目の的であるだろう。また、メルセデスベンツのように東京都内でも数多く見ることはなく、成功者を目指す人々にとってその希少価値・一種の憧れともなっている。

ボルボ

http://www.volvocars.com/jp
スウェーデンの自動車メーカーであったボルボは日本国内ではおしゃれなファミリーカーとして語られることが多いが、フォード、そして現在は中国資本の会社に売却されている。近年では富裕層に対するマーケティングも積極的に行われている。

レクサス

https://lexus.jp/
レクサスは日本の高級車として知られ、発売当初は伸び悩んだが、大企業の経営者や誠実なイメージを求める士業の人々に受け入れられ、ブランドイメージが確立した。安全性だけでなく、乗り心地や様々なサポートなどが手厚い。レクサスは様々なクラスの車がラインナップされ、富裕層にとって大型セダンLSシリーズと客層を数々抱える問題点も浮上し、近年でLSなどハイクラスの所有者のためのラウンジなども用意されているという。

コメントは受け付けていません。